FC2ブログ

東京レザーフェアへ行く

年に1度、様々な資材のブースが並ぶ、皮革業界のフェアがある。

毎回、このデザインビミョーだなあと思うけどね。


来季の傾向とか、流行とか、そういうものの参考になる。

少しエレガントに戻りつつあるので、
リアルファーなども出て来た。
久しく毛皮は、表舞台には出なかった。
いっとき、動物を殺して毛皮を着る事へのモラルの反発が酷くて
デザイナー達は軒並み、毛皮を使う事を止めた。

私は皮革業界にいる身なので、
じゃあ皮革は?
じゃあ肉は?魚は?
とも、思う。

動物や絶滅危惧種が、人間の欲望の為だけに、無駄に殺されるのは勿論論外だ。
が。
どうせ人間は、他のものを奪って
手に入れて食べていかなければ、生きられない。
そもそも、その矛盾を抱えているのが、現代の人間だ。
ベジタリアンは少数派だし、
皮革を1度も使わない人も、先進国では少ないだろう。
であれば、毛皮も肉も皮革も、ありがたく命をいただくのが、礼儀と思う。
鯨を食べる問題と同様に、これも生まれ育ちの観念の違いだろうと思う。
そこにきっと善悪はない。

それでもCHANELは、今後エキゾチックスキンを使わないと決めた。
伝統ブランドの決断。
それが、今後の皮革や毛皮業界への影響は大きいだろう。
CHANELの決断は、他のブランド達へも影響を与えるだろう。
もしかしてガブリエルシャネルが生きていたら
真っ先に、新しい素材としてのフェイクファーを使ったかもしれない。

ただ、こういう事を賛美し声高に主張する人というのは、
自分の考えに微塵も疑問を持たず、
全うな方法で、その毛皮で、子供を食べさせている親もいるであろう事を
微塵も考えず、糾弾する。
その姿勢が、嫌だ。


レザーフェアでも
前に比べたら、本物もクロコやヘビやトカゲは、すっかり少数派になり
驚くほど精巧な型押しだらけだ。

チェックなどのトラッドな柄物は多いけれど、ミックスされた凝った柄が
出て来た。
グレンチェックなのに、キラキラしていたり。
手作り感とでもいうのか、
コードレーンや刺繍、ツイードなどの、人の手の関わった温かみの感じる素材が
多く出て来た気がする。


このブースでは、青山のcafe並みの美味しい珈琲を出してくれる。
村井さんという、副資材屋さんなのだが
そのせいか、とても盛況だ、

美味い珈琲をいただいて、駆け足で見て回る。

次に何が流行るのか
ヒールが高くなるのか、低くなるのか
つま先が丸くなるのか、スクエアになるのか
どんな柄が流行るのか

そんな「流行」に一喜一憂して、右往左往して、我々は目の色を変える。
命や環境などとは関係ない能天気な業界だなとも思うけれど、
その流行を掘り当てて、探して、見つける。
それが楽しかったりする。
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : ファッション・ブランド

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile
名刺_convert_20091025165127

いきなり極寒!
忘れた頃に
ドカンと寒さが
まとめてやって来た。

クリスマスが近い。
年末も近い。



左右バランスの問題で
ちょっとだけ
Blogの表紙ページを
リニューアル
しました☆
FC2カウンター
検索フォーム
Twitter...
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる