今頃、夏の名残が咲いた

娘とダンナは、この雨の中外出。
土砂降りの1人。

100923_1318+01_convert_20100923155025.jpg  100923_1147+01_convert_20100923155005.jpg
夏の名残の娘の麦わら帽子を捨てた。
百均で買った麦わら帽子に、リボンと飾りを付けたオリジナル。
娘がとても気に入っていたが、もう小さくなってしまった。
夏の終わりとともに、お別れ。

こんな雨でこの寒さで、いきなり朝顔が咲いた。
ちょっと感動。
この夏ははもう咲かないものと諦めていた。


こういうの、ちょっと恋に似ている。
早く咲け早く想いが届けと、水をやり気を配り色々行動してみても
でも、全く想いは届かず、うんともすんとも言わず。
もうこの恋は望みがないのかと、ちょっと諦め気味に気持ちが引いて
少し忘れていると、忘れた頃に、ちょっと嬉しい事が起きる。
切ない片思いに、似てるなあ。
それでも、好きなものは好き。
咲かないと分かっていても、水をやる事は止められない。

よくよく見たら、蕾みが結構付いていて、今頃なのに、咲く順番を待っていた。
そのいじらしさに、泣きそうになる。
この狭いベランダで、文句も言わず。
もう、こんなに涼しくなってしまったのに。
じっと遅咲きの朝顔が、咲く順番を待っている。
涼しさを待ち焦がれていたけれど、願わくば、朝顔が咲ける程度でありますように。


こんな雨だと、外に出る必要がなければ、
ずっとここにいて、10年位すぐ過ぎてしまいそうな錯覚をする。
外に出たら、真っ白い髪になっていても、
世界は何も変わらないような気がする。
ただずっと自分の世界に閉じ篭ってしまうだけの日々。
こうしていても、時間は同じように、
頑張っている人にも何もしない人にも、同じ24時間が過ぎる。

スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile
名刺_convert_20091025165127

すっきり晴れた。
秋晴れだ。

イワシ雲が出てる。
空気の透明感が出て来た。

いよいよ、秋だなあ。



左右バランスの問題で
ちょっとだけ
Blogの表紙ページを
リニューアル
しました☆
FC2カウンター
検索フォーム
Twitter...
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる