母を想う 母として

110626_1439~01
実家から、さくらんぼが送られて来た。
うんまい〜♪
いつもありがとうございます。
ホント、その辺では買えなくなる。

毎年、さくらんぼ農園をやっている叔母の好意で
送ってもらえるのだが
今年も、娘がずっとそれを待っていた。
けれど、母が祖母の介護でなかなかふんぎれず
農園の手伝いに行けずにいた。
今年は無理かもよ。と娘に言っていた矢先だった。

あっちゅう間に食べた食べた。


ある時、娘とダンナに部屋の片付けでキレた。
きっかけなんか、ごくごく些細。
当たり前の普通の部屋になるまで、いつも私がちまちまと片付けて
片付けない娘にそれを言うと、逆ギレされ
ダンナには、言い過ぎだろうと私が叱られ
いつもいつも誰かがこれをやってるから、この部屋なのに
魔法みたく当たり前だと思うな!と、キレた。

母親なんか、どうせキレイにしたって、誰も誉めてくれない。
キレイにしてて当たり前。
やってて当たり前。誰も何も気付きやしない。
どんなに尽くしたって、誰も何も。


けれど。

さくらんぼを送ってくれた母に
お礼の電話をするのを忘れていた。
ちゃんと届いたか心配した母から電話が来た。

母のくせに。
自分だって、ダメじゃん。
母親になんて冷たい娘だったんだろうと、反省した。
こんなもんだ。
自分だって。自分の母親に対して。


せめて、自分は
母親に、きちんと感謝の言葉を贈れる娘でいなくちゃいけない。
母だけじゃない。
身内の様々な親切に、いつもちゃんと感謝し、それをちゃんと伝える
ヒトでなくちゃいけない。
感謝してもらえないサミシさ辛さは
誰よりも知ってるんだから。
自分だって母なんだから。

母ってやつは・・・切なくカナシい。
スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile
名刺_convert_20091025165127

やうやく風邪から復活。
ふと気付けば、
もう7月も後半。

夏だった。
いきなり夏を
満喫したい欲求が
むくむくと。


左右バランスの問題で
ちょっとだけ
Blogの表紙ページを
リニューアル
しました☆
FC2カウンター
検索フォーム
Twitter...
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる