急ぎ足の鎌倉散策

あまりに眠れないので、長い電車内で寝ようと
どこでもよかった。
遠くまで長く電車に乗るつもりで、湘南新宿ラインの先へ行く事にした。

思いつかなかったので、鎌倉にした。

でも鎌倉でも、どこを見るか思いつかない。
そういう時は、べったべたな観光コース。鎌倉の大仏でも見るか。

江の電に乗ってみる。
うっわ〜!混んでる。
来てみてから、ちょっと後悔した。知らなかったが、GWは繁忙期らしい。
そりゃ混むか。平日とはいえ、GW。
イメージ違ったなあ。寂れて誰もいないようなお寺に行きたかったのに。

あまりな人混みで、行列が延々続いている感じ。
ただただ、その流れに乗って、歩いて行けば着くんだろうな。何も考えず。
しかも道路の両脇は、観光客用のお店がずらり。
箱根湯本のように完全に観光地化されていて、まあ非日常的といえば非日常。
まあ、これはこれでいいか。
中学の修学旅行以来?懐かしいな〜
20140428-1.jpeg
そういえば、こんなだった。
青空と山の前にぽっかりと建つ、鎌倉の大仏だ。
昔は、なんだかもっと大きかったような気がするけどなあ。
奈良の大仏様を見た後だからだろうか。


途中の横道に、雰囲気ある建物が見つかった。

長谷寺の前。人混みだらけで、時間もないのでスルー。

人力車なんかがあって、観光地化されている事を実感。
でも人力車がある風景は、それだけでレトロな雰囲気を醸し出すね。


もっと色々歩きたい所だけれど、予想以上に時間がない。
せっかく来たのだから、海だけは見たい。

藤沢にいる友達をふと思い出して、連絡してみた。
ここまで来たら、そういえば近い事を思い出したのだが
突然連絡しても、そうそう都合が付かないわな。当然だが。
彼女も残念がってくれたが、結局思いつきでいきなり動くからね。

ちょっと歩いたら、いきなり海が目の前に!!!
突然、潮の匂いがした。
おおお〜!!!
海!


ものすごい風だ。
砂が飛んでくる。

さすがに風が冷たくて肌寒い。
海岸にいろんなものが流れ着いていて、きれいとは言えないが
広い広い視界。
繰り返す波音。
海はいいね。
時間があれば、もっとぼおおとしていたかった。


目の前に急な階段がある神社があった。
そこからは海がいつも見える。
古びていて、こんな観光地にあるのに、誰も立ち寄っていないような
寂れたお社がある。
なんとなく魅かれた。


そういえば、何も食べてない。
美味い珈琲を飲みたかった。
一人だし、観光地の地のものを食べたいってほどじゃないので
結局普通の雰囲気良いカフェに入ってしまった。

一歩入ると、喧噪とはまるで無縁のひっそりしたカフェ。
出て来たものも、なんてこじゃれた食べ物!
ここは青山か!ってな感じ。
モチロン、どれもきちんと作ってあって、とても美味かった。
いちごのバターというのが付いて来て、初めて食べた。
うん。いちごの味がする。デザートバター。不思議な感じだが、別に美味しい。
鎌倉に来て、ゆっくりとくつろぎたかったら、いいと思う。
大人のカフェって感じだった。最近、こういう喫茶店ぽい雰囲気のお店は
都内で随分減ってしまったから、ちょっと懐かしい感じすらした。


娘の塾の時間まで帰って、夕飯を食べさせなくては。
でも、結局30分に1本の湘南新宿ライン。
ごめん。間に合わなかった。
途中で連絡を入れたが、こういう時、娘はあっさりと許してくれて、自分で何とかする。
娘の好きそうな海の幸のふりかけ買って、急いで戻ったが
結局、丁度食べ終わった時に家に着いた。すいません〜。

そして最初の目的の湘南新宿ラインでの熟睡は
思ったより、乗り心地良くなくて熟睡出来なかった。
30分くらいは爆眠するのだが、そこからはイマイチであった。
もっと計画的にだな!
もっと色々見る為に、もっとちゃんと来ないとダメじゃね!
・・・と反省した次第。
思いつきの行き当たりばったりだと、こうなる。
っていう典型的な駆け足の旅だった。
どうせ1人の気ままな旅だし、こんなでもいいような気もするし
こんなじゃ全くダメな気もした。
スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Profile
名刺_convert_20091025165127

良い天気!
このくらい暖かくて
天気が良いと
出かけたくなる。

ここまで長かった。

やっと秋本番な感じ。
でももう11月。



左右バランスの問題で
ちょっとだけ
Blogの表紙ページを
リニューアル
しました☆
FC2カウンター
検索フォーム
Twitter...
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる