健康診断とシンデレラの靴

朝から晩まで寒い会社の中にいると、
今下界がどんな天気で、どの位暖かいのか分からなくなる。

あったか〜い!!!!!!!


数年ぶりに、健康診断に行って来た。
ちょっとドキドキ・・・しません。ぜっんぜんしません!

こういっては何だが、それなりにお金と時間をかけた人間ドックじゃなければ
命に別状があるか、ないか、が健診の判断基準。だと私は思っている。
なので、
こんなに様々な不調があって、あちこち痛い私だが
健診の紙上では、非常に成績優秀なのである。

視力がこの前は1.0位まで落ちていて慌てたが、今回は1.5と1.2。
よく見えていますね。と感心され、コンタクトしていませんね?と確認され
素晴らしい検査結果だが、私のローガンは全く数値的に反映されていないのだ。
むしろローガン数値が欲しいぜ。

体重もそう増えはしないし、肥満の心配もない。
身長166.9!あれ?縮んだ?!
聴力、問題なし。

筋肉や関節が弱い割に、ありがたい事に内臓系は比較的強いので
そんなに大きい問題には至らない(だろう)
なので、マンモグラフィーの死に物狂いの痛さ以外は、淡々と特に質問もなく、
時間だけかかって終わったのである。

骨密度だけが、結構な低さ!で慌てたが。
当然だが、更年期になるとガクッと来ますから、
これ以上低くならないようにして下さいと注意された。
それから、仕方なく、毎朝毎晩牛乳飲んでます。

時間は既に3時半過ぎていた。お昼ご飯なしで、だ。
途中ですら、腹へってハラ減って、食べ物の雑誌を見ないようにしていたのに
ぐうう。
しかしハラが減ると人は判断を誤る。
4時半も近いのに、ガッツリハンバーグめしなんか食べてしまったよ。

それでも。
同じ年で入院する人も手術する人もいる、自分の年を考えれば
痛いながらも日常生活が一応普通に送れてる自分は、シアワセと言わねばなるまい。
出来るという機能が失われたのではなく、機能が低くなって来ただけだ。
100%出来た事が80%まで落ちて来た。その20%が失われたに過ぎない。
腕もある。足もある。美味いメシをハラいっぱい食べられる。
良し。
とせねばなるまい。


結局、新宿まで来てしまったので
明日までだった伊勢丹の「シンデレラの靴展」を見に足を伸ばした。

http://www.fashion-press.net/news/15376
多分、「シンデレラ」の映画のプロモの一環なのだろう
9人のデザイナーがそれぞれ、シンデレラのガラスの靴をイメージして
デザインしたデザイン画と靴が展示されている。


名だたるデザイナーが同じテーマでデザインを競う事は、ありそうで
そうはない。
だから、この展示はとても画期的で、もっと評価されてもいいのではと思う。
あまり、話題になってないのが残念でアル。

本物のガラスの靴ではないが
それぞれが思考を凝らし、美しい工芸品のような靴が並んでいた。
美しいなあ。

この靴が娘の一番のお気に入りだった。
ネットのニュースで、これを知り
本当はマグリット展の後にここに立ち寄り、3人で見るハズだったが
娘の頭痛で延期。もれなく、この展示は見れないだろうと諦めていた。

そして、デザイン画で見ると、この靴はそんなに良くはないのだが
実際出来てみると、美しさが秀逸である。
娘も、ネットのデザイン画を見て、そんな事を言っていた。
逆に、デザイン画で見ると素晴らしいのに、出来てみると、そうでもない靴も。
それがデザインの面白さであり、コワさであり、難しさでもある。
靴のデザインをしていた頃に、この感覚を嫌という程味わったが
デザイン画と現物を並べて見たせいか
急にこんな感覚を思い出した。


私のデザイン画を見て、あるメーカーさんが言ってくれた。
「あなたのデザイン画は、デザイン画で見るより、
実際に靴になった方が、良いものが多い。」
私はそれを、デザイナーとしては褒め言葉と受け取った。
絵が下手って事かもしれないが、逆に、靴になった方が良くないよりは
いいと思った。

その言葉は、モノを作る上で、なんとなくずっと残っていて
なんとなく自分のデザインする上での、支えになっているような気がする。
スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile
名刺_convert_20091025165127

やうやく風邪から復活。
ふと気付けば、
もう7月も後半。

夏だった。
いきなり夏を
満喫したい欲求が
むくむくと。


左右バランスの問題で
ちょっとだけ
Blogの表紙ページを
リニューアル
しました☆
FC2カウンター
検索フォーム
Twitter...
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる